太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2015年09月 」 一覧

今夏の電力需給、九電など厳しく 節電が奏功、ほか7社は比較的安定

  2015/09/30

沖縄電力を除く夏の節電要請を行った大手電力9社は30日までに、今夏の電力需給状況を発表した。九州電力は原発が稼働しないなか、太陽光発電ができなくなる夜間の供給力が落ち込み、使用率(供給力に対する需要の割合)が95%以上の「厳しい」日が2日間に達した。中部電力も厳しい日が1日あった。他の7社は節電などが奏功し、厳しい日はゼロと比較的安定した電力需給を確保した。  九電の今夏の最大電力需要は8月6日午 …

西部ガス、北九州市に風力発電所 2000キロワット風車2基設置 福岡

  2015/09/30

西部ガスは、北九州市若松区響町の北九州工場跡地に風力発電所を建設する。2千キロワットの風車を2基設置し、平成29年3月の稼働を目指す。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づき、九州電力への販売を予定している。  西部ガスは24年に太陽光発電に参入しており、風力発電の事業化で、再エネ分野の多様化を図る。日立製作所などが出資する発電事業会社の「日立ウィンドパワー」と、西部ガス子会社の …

【エネルギー未来形 再稼働その後】九電、夏の電力需給に川内効果 社長「今冬も供給力確保」

  2015/09/30

■日没後の使用率上昇 太陽光は弱点露呈  九州電力は30日、7~9月の電力需給実績を発表した。気温が平年より低く、需要が抑制されたことに加え、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)が8月中旬に再稼働したことで供給力も増しピーク時の需給は、いずれの日も「安定」を維持した。10月には川内2号機が再稼働する予定で、九電は今冬も、他社からの融通なしで対応できると説明した。安定した電源である原発の効果を、改め …

<太陽光パネル窃盗>工藤会系組員に実刑判決 地裁小倉支部

  2015/09/30

福岡地裁小倉支部は30日、福岡県宗像市の建設現場から大量の太陽光パネルを盗んだとして窃盗罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組員、篠村裕次郎被告(44)=北九州市八幡西区=に懲役7年(求刑・懲役8年)の判決を言い渡した。  共謀したとして同罪に問われた工藤会系組幹部、小西章二被告(47)に懲役3年6月(同・懲役6年)、窃盗と傷害の罪に問われた同会系組員、嶺隆啓被告(34)に懲役6年(同・懲役8年 …

九州電力、今夏の電力需給「厳しい」が2日間

  2015/09/30

沖縄電力を除く夏の節電要請を行った大手電力9社は30日までに、今夏の電力需給状況を発表した。九州電力は原発が稼働しないなか、太陽光発電ができなくなる夜間の供給力が落ち込み、使用率(供給力に対する需要の割合)が95%以上の「厳しい」日が2日間に達した。中部電力も厳しい日が1日あった。他の7社は節電などが奏功し、厳しい日はゼロと比較的安定した電力需給を確保した。  九電の今夏の最大電力需要は8月6日1 …

グッドデザイン賞にLooopの「自作型太陽光発電キット」

  2015/09/30

Looop(東京都文京区)が発売する、個人がDIY感覚で太陽光発電システムを設置できるキット「MY発電所キット®」が、2015年度グッドデザイン賞を受賞した。 同製品は「個人でもソーラー発電所が所有できる」「(マニュアル付きで)自分でもソーラー発電所が作れる」をコンセプトに、太陽光モジュール、架台、パワーコンディショナ、分電盤、電材など、太陽光発電所に必要な部材をキットとしてパッケージ化した。また …

ミャンマーとの国境にある結核センター拡張計画を支援ー在タイ日本国大使館

  2015/09/30

2015年9月28日、 在タイ日本国大使館は、草の根・人間の安全保障無償資金協力で、タイ-ミャンマー国境のターク県にある「結核センター拡張計画」の費用2,381,800タイバーツ(約800万円)の支援を行なった。 【その他の写真:拡張した建物】

インドネシアだけじゃない、アフリカでも中国攻勢

  2015/09/30

パンダがキリンを抱きしめている。「中国へようこそ」。8月に就航した中国南方航空のナイロビー広州間の直行便の宣伝だ。    すでに喧伝されていることであるが、ケニアなどアフリカへの中国の進出が著しい。首都ナイロビに住んでいると、そのことを肌で感じる。多くのケニア人によく、「ニーハオ」と声をかけられ、「中国人か?」と訊かれる。単なる好奇心からの発言である場合が多いが、侮蔑を感じることもある。  毎年、 …

「曲がる太陽電池」で日本メーカーが中国勢に反転攻勢 数年後の世界市場が一変する可能性も

  2015/09/30

安価な中国製品が支配する太陽電池市場で、日本メーカーが反転攻勢の機会をうかがっている。技術的には優位を保っており、次世代電池の開発で劣勢をはね返そうとしている。開発は実用化が視野に入る段階まで前進しており、数年後には状況が一変する可能性もある。  太陽電池といえば、ガラスに覆われたパネルを思い浮かべるが、その太陽電池はシート状をしている。厚さは1ミリ以下。自由に折り曲げたり、たたんだりできる。   …

【タイ】チョーとバンチャーク、日本で太陽光発電

  2015/09/29

タイのビレット・スチール(鋼片)メーカーのチョー・スチール・インダストリーズは29日、製油・給油所運営のバンチャーク石油、地方電力公団(PEA)と共同で日本の太陽光発電事業に投資すると発表した。  タイ証券取引所(SET)への報告によると、チョー・スチール・インダストリーズが76.67%出資するチョー・エナジーの全額出資子会社チョー・インターナショナルが30%、製油・給油所運営のバンチャーク石油か …