太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2016年01月 」 一覧

水上設置型で世界最大級のメガソーラー建設へ

  2016/01/31

京セラと東京センチュリーリースの共同出資会社の京セラTCLソーラー(東京都千代田区)は、大規模太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」を建設する。水上設置型では世界最大になるという。千葉県市原市の山倉ダムを利用し、最大出力約1万3700キロワット。2017年度中に稼働する。  同ダムの水面に京セラの太陽電池モジュールを約5万1000枚設置し、年間の発電量は、一般家庭約4970世帯分の消費量 …

復興拠点にメガソーラー 大熊の合同会社

  2016/01/31

福島県大熊町と民間企業などが合同出資した第3セクター「大熊エネルギー合同会社」は年内にも町の復興拠点となっている大川原地区の農地に最大出力20メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。町は、町内での農作物の試験栽培費や町農業復興組合の運営費に売電による収益などを充て、町内の農地維持保全や農業再生に生かす。  町によると、農地など約17・5ヘクタールに太陽光パネルを並べる計画。現在用 …

被災3県 再生エネルギー基金5年延長

  2016/01/31

東日本大震災の被災地向けに再生可能エネルギー設備導入を支援する国のグリーンニューディール基金をめぐり、環境省は本年度で終了する予定だった実施期間を5年間延長することを岩手、宮城、福島の3県に認めた。基金は期間終了後に使い残しを返還しなければならず、復興が途上にあることを配慮した。

太陽光発電でゴミ圧縮&通信する「スマートゴミ箱」 東海大学で実証実験スタート

  2016/01/31

日本システムウエア(東京都渋谷区、通称NSW)は、東海大学と共同で、ゴミ収集の効率化を検証するためスマートゴミ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」を同校キャンパス内に設置し、1月21日より実証実験を開始した。 同社と共同で実証実験を行うのは、東海大学情報通信学部組込みソフトウェア工学科の撫中達司(むなかたつじ)教授の研究チーム。東海大学は、撫中教授の研究室のもと、「BigBe …

太陽光発電“技あり” 東海大柔道部寮にパネル

  2016/01/30

屋根を貸して電気代を安くできる全国初のモデル事業「東海大学柔道部寮太陽光発電所」の開所式が30日、平塚市真田の東海大湘南キャンパス近くの同寮敷地で行われた。4月から始まる電力小売り自由化に合わせ、東芝が同発電所から電力を買い取り、安価な電力を供給する。  3棟ある寮の屋根約250平方メートルを寮の所有者である秀和ビルメンテナンスと東海大から東芝プラントシステムが借り、総事業費約2100万円で190 …

からあげクン発電? ローソン、廃油を燃料化して活用へ

  2016/01/30

コンビニ大手ローソンは、「からあげクン」などの揚げ物を店頭で調理する際に出る廃油から電気をつくる「バイオマス発電」に乗り出す。業界初の取り組みで、太陽光発電などと組み合わせると、外部から買う電力を従来より約7割減らせるという。 【写真】「からあげクン」の廃油が電力になる仕組み  ローソンは2月5日、バイオマス発電の1号店として、兵庫県姫路市に「夢前(ゆめさき)スマートインター前店」を開く。からあげ …

蒸暑地域の省エネ住宅研究 「壁全体で冷房」、「太陽電池の熱で除湿」など

  2016/01/30

沖縄科学技術大学院大学(OIST)(沖縄県恩納村) とミサワホーム総合研究所(東京都杉並区)は、1月25日、蒸暑地の生活におけるエネルギーの導入・利用を可能にするシステムを開発・構築するため、共同研究契約を締結した。 両者は、この共同研究のため、沖縄県恩納村谷茶村のOIST敷地内に実験棟を建設中で、今年3月末に竣工する予定だ。 この実験棟には、屋根に設置した太陽電池が発電する際に発生する使われない …

植物工場操業を停止 南相馬ソーラー・アグリパーク 運営法人が撤退

  2016/01/30

福島県南相馬市原町区の南相馬ソーラー・アグリパークの植物工場を運営していた市内の農業法人が昨年12月末で同施設から撤退していたことが29日、分かった。市は新たな運営者を募っており、決定すれば4月から業務が再開される見通し。  植物工場は東日本大震災後の農業復興を目指し、平成25年3月にオープンした。復興交付金約1億1500万円を活用し、市が建設した。無償貸与を受ける形で、市内の農業法人が運営してい …

未電化地域に光を=アフリカで電力量り売り―東大技術活用ベンチャー

  2016/01/29

アフリカ東部のタンザニアを中心に、アフリカの未電化地域の低所得者向けに「電力の量り売り」に取り組む日本発のベンチャー企業がある。  東京大学の研究技術を活用し、太陽光発電による充電サービスを展開する企業「デジタルグリッドソリューションズ(DGS)」だ。今夏は日本とアフリカ各国の首脳が一堂に会するアフリカ開発会議(TICAD)がケニアで開催予定。双方の関係強化に期待が高まる中、ビジネスを通じて「日本 …

沖縄電力、減収減益 5年ぶり第3四半期決算

  2016/01/29

沖縄電力(浦添市、大嶺満社長)は29日、2015年度第3四半期決算(連結)を公表した。売上高は前年同期比1・1%減の1419億2300万円、経常利益は21・8%減の82億6400万円で、5年ぶりの減収減益となった。売上高は主力の電気事業で、燃料費の変動分を電気料金に反映させる調整制度の影響で料金収入が減少。支出では太陽光発電など他社購入が増えた。  販売電力量は前年同期比1・6%増の60億600万 …