太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 月別アーカイブ:2017年03月 」 一覧

豊田通商など、太陽光由来水素をFCフォークリフトで活用…トヨタ自動車九州で事業開始

  2017/03/21

豊田通商、福岡県、トヨタ自動車九州、九電テクノシステムズの4者は3月21日、太陽光発電で製造したCO2フリー水素を燃料電池(FC)フォークリフトで活用する事業を開始した。 [関連写真] 4者は、2016年6月に経済産業省の「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(エネルギーシステムモデル構築事業)」に採択されたことを受け、トヨタ自動車九州宮田工場内に低炭素な水素サプライ …

シャープ、メガソーラー建設にドローン活用した自動設計導入

  2017/03/21

シャープは大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設費削減に向け、飛行ロボット(ドローン)を活用した自動設計を導入した。上空から建設地を撮影して3次元(3D)地形図を生成し、設計図を自動で作る。併せて土地を平らにする造成工事を減らせる架台も開発した。2017年度の10キロワット以上の太陽光発電の買い取り価格は5年前の半分の21円に低下するため、メガソーラー建設費の圧縮が求められている。  シャープは …

太陽光、電気供給量増加 九電、受け入れ上限目前

  2017/03/21

太陽光発電事業者の電気供給量が増え、九州電力の受け入れ可能量を超える時期が迫っている。上限までの余裕は1月末時点で135万キロワット分あるが、400万キロワット以上の施設が今後発電を始められる状況にある。電気を安定して送るためには需給バランスを一定に保つ必要があり、九電は事業者への発電停止要請も視野に、暖房などの電気需要が減る4月以降の需給状況を注視している。

旧前橋市北部を“南国”に 遊休農地をフルーツ団地へ バイオマス活用

  2017/03/20

前橋市小坂子町の遊休農地約20ヘクタールを活用して次世代型の施設園芸団地を設け、マンゴーなど南国フルーツを栽培する同市の計画が20日までに、明らかになった。民間企業と生産者、市、群馬県でコンソーシアム(共同事業体)をつくり、バイオマスボイラーや太陽光発電、環境制御の最新設備を導入。収益性と生産性の高い農業を展開し、市の新たな特産品創出に結び付ける。予定地は25年前に市が東京理科大のキャンパス誘致を …

ロボVBなどサウジと協業 中東展開視野に覚書

  2017/03/19

サウジアラビアのサルマン国王が12~15日、日本に滞在した。王子や閣僚、企業幹部など1000人超が同行し、多くの日本の企業がサウジ政府機関などと協業に関する覚書を交わした。そのなかに日本のベンチャー企業3社も入っている。  筑波大学発のロボットベンチャー、サイバーダインは総合商社のアブドゥル・ラティフ・ジャミールと提携。同社がサウジ国内の医療機関などに、サーバーダインのロボットスーツ「HAL(ハル …

小学校と公民館を合築、川口で落成記念式典

  2017/03/19

耐震補強工事が必要となった川口市立幸町小(同市幸町)と、利用者から狭くて不便という声が挙がっていた栄町公民館(同市栄町)を合築した新施設の落成記念式典が19日、同小で行われた。小学校と公民館の合築は同市では初めて。公民館は小学校に組み込まれ、名称を幸栄公民館に改めて4月に開館する。  式典では、奥ノ木信夫市長が「素晴らしい施設で児童が学習活動により一層励み、地域の皆さまが充実した活動をできることを …

太陽光発電普及働きかけ 京都・宇治の団体

  2017/03/19

京都府宇治市の住民や企業・団体でつくる市地球温暖化対策推進パートナーシップ会議「eco(エコ)ット宇治」は、市内に太陽光発電設備を増やす取り組み「おひさまプロジェクト」を立ち上げた。メンバーは市内の保育所や幼稚園に設置を働き掛けるなど、再生可能エネルギーの普及に力を入れていく。  ecoット宇治はエネルギー問題を巡っては省エネを中心に活動してきたが、温室効果ガスの排出を減らすには再生可能エネルギー …

浪江町に水素製造拠点 旧原発予定地、30ヘクタール造成

  2017/03/19

東京電力福島第一原発事故で被災した福島県内を水素の一大供給地とする国の福島新エネ社会構想で、国や県などは世界最大規模の水素製造工場の立地場所を浪江町の浪江・小高原発の旧建設予定地とする方向で最終調整に入った。東北電力が町に無償譲渡する約120ヘクタールのうち、約30ヘクタールを造成し平成32年までの供給開始を目指す。  東北電力が町に無償譲渡する旧原発予定地は沿岸部の避難指示解除準備区域にあり、3 …

創業130年の老舗企業が太陽光発電のビジネスにこだわる理由

  2017/03/19

カクイチ(東京都千代田区)が、家庭の駐車場や物置の屋根を借りて取り付けた太陽光発電所の件数は5月末までに1万件に達する。出力は合計で6万キロワット。一つひとつは小規模でも、1万件の太陽光発電所を所有する企業は例がない。「業界に染まらないから普及できた」と語る田中離有(りう)社長に、「太陽光パネルを売らない」ビジネスについて聞いた。 ―「屋根借り」を始めたきっかけは。  「太陽光パネルは高価だ。我々 …

太陽光投資で儲けるためには「実利回り」を見極めよう!

  2017/03/18

太陽光投資を考えていらっしゃる方にとって、導入時にどのような費用がかかるのかは気になるところだと思います。土地付き産業用太陽光発電システムであれば、まずは土地代、次にパネル・架台・パワーコンディショナー(パワコン)を含むシステム価格、そして負担金も必要です。 この3つが導入に最低限必要な費用ですが、さらに、土地を取得する際には移転登記費用も必要となるのでしっかり理解しておくことが必要です。