太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

豊田通商など、太陽光由来水素をFCフォークリフトで活用…トヨタ自動車九州で事業開始

   

豊田通商、福岡県、トヨタ自動車九州、九電テクノシステムズの4者は3月21日、太陽光発電で製造したCO2フリー水素を燃料電池(FC)フォークリフトで活用する事業を開始した。

[関連写真]

4者は、2016年6月に経済産業省の「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(エネルギーシステムモデル構築事業)」に採択されたことを受け、トヨタ自動車九州宮田工場内に低炭素な水素サプライチェーンの産業モデル構築を推進。工場内に設置した太陽光発電を利用し、水を電気分解して製造したCO2フリー水素を貯蔵・輸送・供給する一貫システムを整備、FCフォークリフトや定置用FCで利用する計画だ。なお、太陽光由来水素を工場のFCフォークリフトで利活用するのは全国初の取組となる。

今回、トヨタ自動車九州宮田工場内に太陽光発電設備、水素製造・貯蔵・輸送・供給システム、FCフォークリフトを設置・導入が完了。これらの機器をEMS(エネルギー・マネジメント・システム)で統合的に制御し、安定的かつ効率的なエネルギー利用を実現する、本格運用を開始した。

同事業では来年度、展示施設の照明などの電力や入浴施設に熱を供給する定置用FCを新たに設置。さらに用途や利用時間帯の異なる複雑なエネルギー需給をマネジメントするEMS機能拡張、将来の多拠点展開を想定した再エネ利用最適化システムを追加する予定だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

 - , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,