太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 システム 」 一覧

豊田通商など、太陽光由来水素をFCフォークリフトで活用…トヨタ自動車九州で事業開始

  2017/03/21

豊田通商、福岡県、トヨタ自動車九州、九電テクノシステムズの4者は3月21日、太陽光発電で製造したCO2フリー水素を燃料電池(FC)フォークリフトで活用する事業を開始した。 [関連写真] 4者は、2016年6月に経済産業省の「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(エネルギーシステムモデル構築事業)」に採択されたことを受け、トヨタ自動車九州宮田工場内に低炭素な水素サプライ …

太陽光投資で儲けるためには「実利回り」を見極めよう!

  2017/03/18

太陽光投資を考えていらっしゃる方にとって、導入時にどのような費用がかかるのかは気になるところだと思います。土地付き産業用太陽光発電システムであれば、まずは土地代、次にパネル・架台・パワーコンディショナー(パワコン)を含むシステム価格、そして負担金も必要です。 この3つが導入に最低限必要な費用ですが、さらに、土地を取得する際には移転登記費用も必要となるのでしっかり理解しておくことが必要です。

テスラ、ハワイのカウアイ島にソーラー電力供給へ

  2017/03/16

テスラがソーラーパネルと大規模な蓄電装置を使い、ハワイのカウアイ島に電力を供給する。 【太陽光発電産業に進出するテスラ】 同社は3月8日水曜日の朝(現地時間)、今回のプロジェクトを正式発表した。プロジェクト発足式では、テスラの最高技術責任者(CTO)ジュ・ストラウベル(JB Straubel)氏と、ハワイ州のデービッド・イゲ(David Ige)知事があいさつを行った。テスラは同プロジェクトにあた …

養殖からジャガー・ランドローバーまで、ソラコムが最新のIoT採用事例を紹介

  2017/03/15

ソラコムは、MVNOでIoT向けの通信サービスを専用線で提供するプラットフォーム「SORACOM」(ソラコム)をグローバルで展開にするにあたり、ドイツで3月20日から開催されるイベント「CeBIT」(セビット)に出展し、パートナー企業と新たなデモを披露すると発表した。 【この記事に関する別の画像を見る】  ソラコムは、小規模から始められる従量制を中心にしたプランや、専用線接続を含むさまざまな接続形 …

JR浦和駅、県内初のエコステに 空調や照明を自動抑制、電力を削減

  2017/03/13

埼玉県さいたま市浦和区のJR浦和駅で12日、太陽光発電や発光ダイオード(LED)照明などの環境保全技術を導入した「エコステ」事業の運用がスタートした。鉄道の駅では初となる「エネルギーマネジメントシステム」を導入。列車の運行状況や駅営業時間などに合わせ、空調や照明を最適な状態に自動で抑制し使用電力を削減する。  この日は運用を記念し、駅東口側の柱に設けられた壁面緑化スペースに植樹が行われた。佐藤敦駅 …

JR浦和駅が県内初の「エコステ」モデルに 小学生ら柱に植樹

  2017/03/12

JR東日本がさまざまな環境保全技術を駅に導入する取り組み「エコステ」でJR浦和駅が県内初のモデル駅となり、12日にオープニングセレモニーが開催された。大宮鉄道少年団の小学4~6年生ら約20人が参加し、駅東口の柱に1年を通じて葉をつけている常緑性のヒューケラなどを植樹。JR東日本大宮支社によると、エコステの取り組みで年間約40%の二酸化炭素削減が期待できるという。  エコステはエコステーションの略称 …

「イノベーティブな企業」ランクイン、不動産テック企業Vivint Smart Homeとは?

  2017/03/11

最近目にするようになってきた言葉「不動産テック」をご存じだろうか? 「不動産」と「テクノロジー」を合わせた造語であり、ITを利用して不動産関連の業務やサービスを革新させるものである。Real Estate Tech(リアルエステートテック)やReTechと呼ばれることもある。ITテクノロジーを利用することで、ネットを使った不動産の検索や仲介、物件管理、賃貸管理、物件の評価や分析、バーチャルによる内 …

玄関脇に置ける小型蓄電池、京セラが新開発

  2017/03/10

京セラは、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品として、業界最小・最軽量クラス(同社調べ)をうたう3.2kWh(キロワット時)の蓄電システム「EGS-LM0320」を2017年4月から発売すると発表した。希望小売価格は税別150万円。新製品は、同容量としては小型軽量であることから、設置性や施工性が向上し、戸建住宅のほか、これまで設置が難しかった集合住宅、さらに屋内にも設置可能だ。また、 …

市民共同発電所を保育所の跡地に、売電収入から2%を「ふるさと納税」

  2017/03/10

太陽光発電事業者のエコスタイルが泉大津市と協定を締結して、「第2泉大津市民共同発電所」を建設する。発電所の建設や運営に必要な1000万円の資金をファンドで集める方式だ。市民を優先に3月1日から4月28日まで出資を募り、20年間の発電事業を通じて得た収益から分配金を還元する。  発電所を建設する場所は2010年まで市立の保育所があった跡地で、面積は1100平方メートルある。この用地に49kW(キロワ …

FIT期間終了に向けてLooopが格安の蓄電池を投入。家庭用太陽光発電は今後どうなる?

  2017/03/08

「藤本健のソーラーリポート」は、再生可能エネルギーとして注目されている太陽光発電・ソーラーエネルギーの業界動向を、“ソーラーマニア”のライター・藤本健氏が追っていく連載記事です(編集部) 【この記事に関する別の画像を見る】  太陽光発電における2019年問題というのをご存知だろうか? これは2009年に始まった、太陽光発電でできた電気を、市場より少し高い値段で電力会社が買い取ってくれるFIT制度が …