太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 利用 」 一覧

豊田通商など、太陽光由来水素をFCフォークリフトで活用…トヨタ自動車九州で事業開始

  2017/03/21

豊田通商、福岡県、トヨタ自動車九州、九電テクノシステムズの4者は3月21日、太陽光発電で製造したCO2フリー水素を燃料電池(FC)フォークリフトで活用する事業を開始した。 [関連写真] 4者は、2016年6月に経済産業省の「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(エネルギーシステムモデル構築事業)」に採択されたことを受け、トヨタ自動車九州宮田工場内に低炭素な水素サプライ …

三沢・太陽光発電パネルのリサイクル事業に国補助金

  2017/03/18

青森県三沢市で計画されている太陽光発電パネルのリサイクル事業に対し、中小企業庁から補助金が交付されることが17日に決まった。太陽光発電は東日本大震災などを契機に急速に広まったものの、耐用年数を過ぎたパネルの処理が今後の課題とされる。将来的に直面する大量廃棄を見据えた先進的な取り組みが、国の後ろ盾を得て、いよいよ本格化する。  リサイクル事業は、太陽光発電のメンテナンスなどを手掛ける三沢市ソーラーシ …

水源保全に不十分? 開発目立ち、滋賀県条例に懸念の声

  2017/03/17

琵琶湖や河川の水源を守るために制定した滋賀県の「水源森林地域保全条例」で、2016年1月に森林の土地売買に事前届け出を義務化して1年余りがたった。これまでに86件の届け出があり、懸念された外国資本による土地取得はなかった。ただ、利用目的は工業用地や住宅用地などの開発が目立ち、県議会では「この条例で本当に水源を守れるのか」と懸念する声が出ている。  条例は、北海道などで外国資本による森林の買収が相次 …

『中津川 THE SOLAR BUDOKAN』第1弾発表 ACIDMAN、10-FEETら4組

  2017/03/16

音楽イベント『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2017』の第1弾出演者が発表された。 【もっと画像を見る(4枚)】 太陽光発電によるエネルギーを利用して行なわれるライブイベント『中津川 THE SOLAR BUDOKAN』。5年目を迎える今回は、9月23日と24日に岐阜・中津川公園 特設ステージで開催される。 今回出演が明らかになったのは、同イベントのオーガナイザーである佐藤タイジ率い …

温暖化対策にCO2フリー水素、2030年代のエネルギー源へ

  2017/03/13

日本のエネルギー供給構造を水素で変革する取り組みが加速してきた。政府は1年前から検討を進めてきたCO2(二酸化炭素)フリー水素のロードマップを3月7日に公表した。2030年代には固定価格買取制度の対象から外れる発電設備が増えてくるため、CO2を排出しない再生可能エネルギーの電力を生かして水素を大量に製造する戦略だ。 【その他の画像】  国内と海外でCO2フリー水素を安価に製造できる技術開発に取り組 …

「イノベーティブな企業」ランクイン、不動産テック企業Vivint Smart Homeとは?

  2017/03/11

最近目にするようになってきた言葉「不動産テック」をご存じだろうか? 「不動産」と「テクノロジー」を合わせた造語であり、ITを利用して不動産関連の業務やサービスを革新させるものである。Real Estate Tech(リアルエステートテック)やReTechと呼ばれることもある。ITテクノロジーを利用することで、ネットを使った不動産の検索や仲介、物件管理、賃貸管理、物件の評価や分析、バーチャルによる内 …

市民共同発電所を保育所の跡地に、売電収入から2%を「ふるさと納税」

  2017/03/10

太陽光発電事業者のエコスタイルが泉大津市と協定を締結して、「第2泉大津市民共同発電所」を建設する。発電所の建設や運営に必要な1000万円の資金をファンドで集める方式だ。市民を優先に3月1日から4月28日まで出資を募り、20年間の発電事業を通じて得た収益から分配金を還元する。  発電所を建設する場所は2010年まで市立の保育所があった跡地で、面積は1100平方メートルある。この用地に49kW(キロワ …

近未来の鉄道車両は水素燃料で走る!

  2017/03/08

JR東日本が2017年春、太陽光を利用した水素発電システムを駅に導入するなど、水素の活用を進めている。2020年以降の運行を視野に、水素を燃料とする車両の技術を開発する。JR東日本は、30年度に鉄道エネルギー使用量を13年度比で25%、二酸化炭素(CO2)排出量は40%のそれぞれ削減を目指している。省エネルギーや環境負荷低減を目的に、再生可能エネルギー関連技術の開発を加速し、実用化につなげる。   …

水と空気を噴射するロボット、パネルの上を走って洗浄

  2017/03/06

太陽光発電設備のメンテナンスサービスなどを手掛けるゴールデンリーフワークスは、「スマートエネルギーWeek 2017」(2017年3月1~3日、東京ビッグサイト)内の「第8回 太陽光発電システム施工展」に出展し、太陽光パネルの自走式洗浄ロボット「Air Washer」を展示した。2017年4月からこのロボットを利用した洗浄サービスを全国展開する方針だ。  Air Washerは太陽光パネルの表面に …

<話題>CNF関連銘柄はマーク続行、夢の新素材に需要拡大の可能性

  2017/02/27

セルロースナノファイバー(CNF)関連銘柄はマーク続行の対象になる。夢の新素材とも言われ、先行き需要拡大の可能性を秘めている。植物繊維をナノ(1ナノ=10億分の1)メートルレベルまで微細化することで得られる超微細植物結晶繊維で、鉄と比較すると強度は5倍、軽さは5分の1という優れものだ。植物由来のため、森林資源が豊富な日本企業にとって原料調達面で優位に立つ点も見逃せない。技術開発が進み、製造コストが …