太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 場合 」 一覧

電気自動車、いよいよ本格普及の気配!? 家に必要な機器&コストは?

  2017/03/15

先日、電気自動車(EV)のベンチャー「テスラ・モーターズ」が、パナソニックと共同出資した新電池工場「ギガファクトリー」の開所式を行いました。これにより、2017年に発売予定のテスラの新型セダン「モデル3」の価格が従来モデルの半額以下に抑えられるそう。これまでは割高感のあった電気自動車のコストダウン化で、今後は普及が促進されるかもしれません。そこで、これからEVを購入する際に知っておきたい“戸建てに …

事故車専用競売サイト、透明性高い市場形成 イードリーマー・山下亮社長

  2017/03/07

自動車事故を起こした車を手放す場合、一般的には買い取り業者へ売却するしかなく、言い値で買いたたかれてしまいがちだ。買い取った業者はオークションに出品するが、手数料を上乗せするほか、車両の状態によって値段が違うため、相場が分かりにくく不透明な市場が形成されている。日本初の事故車・故障車専用オークションサイトを運営しているイードリーマーは、こうした不満に応え透明性の高い取引市場を提供する。山下亮社長は …

【太陽光投資】発電量アップの秘策! 投資価値を高める設置工法とは

  2017/03/04

いよいよ太陽光発電の固定価格買取制度の売電単価が21円+税に決定しました(調達区分10kW以上2,000kW未満)。今から新たに設備を取得する場合はすべて21円の単価になってしまいますが、これは前年度の24円から3円も下がったことになります。 そのため、今までの設備購入価格では投資価値が見合わなくなり、太陽光投資の平均利回り10%も崩れてしまうことが懸念されます。

太陽光発電の出力制御ルール、“公平性”は量ではなく機会で担保

  2017/02/23

再エネ特措法にもとづき、太陽光発電・風力発電事業者は、接続契約を締結している一般送配電事業者や特定送配電事業者から出力制御の要請が出された場合に協力する必要がある。一方、出力制御を行う際の重要なポイントの1つが、発電事業者間の公平性を確保することだ。 【その他の画像】  資源エネルギー庁は現在、出力制御の公平性確保に向けたルール作りを進めており、2017年2月16日にこれまでの方針をまとめたガイド …

風船みたいな太陽光発電ランタン兼モバイルバッテリ「PackLite」–シリア難民の支援も

  2017/02/11

地震や水害などの災害に遭った場合、安否確認や情報収集などに必要なスマートフォン用の電源と、夜間の行動に欠かせない照明器具を確保することが重要だ。そこで、これまで塩水で点灯するランタン「Hydra-Light」、携帯型の風力発電機「Trinity」、コンパクトな水力発電機「Estream」といったガジェットを取り上げてきた。  今回は、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援を …

こんなにある!土地活用11種類を比較

  2017/01/27

一口に「土地活用」といってもさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。今回は土地活用を自己活用7種と共同活用2種、その他2種に分け、それぞれの概要を解説していきます。 ■自己活用7種 自己活用とは土地の所有者が自身で活用する方法です。設備や建物を経営することにより収入を得る仕組みになっています。 1. 駐車場経営 もっともシンプルかつ単純な経営方法で、ローリスク・ローリター …

太陽光受け入れ上限に 北電、電力容量110万キロワット到達

  2017/01/23

北陸電力は23日、太陽光発電の買い取りについて、受け入れ済みと契約済みの電力容量が上限の110万キロワットに達したと発表した。今後も買い取りを希望する事業者が増えた場合、北電は追加導入量に応じて出力制御を行う。新規契約者は同社の発電抑制に応じなければならない。

メガソーラー設置は許可制に 大津市素案、近隣トラブル回避へ

  2017/01/22

大津市は、メガソーラーなど太陽光発電施設の設置を巡る近隣トラブルを避けるため、設置を市内全域で許可制とする規制素案をまとめた。設置を禁止する区域と抑制する区域を指定するほか、着工前に近隣住民への説明を義務付ける。設置を届け出制としている自治体は滋賀県内にもあるが、より強制力のある許可制が導入されれば西日本初となる。  3月末までに成案化し市民意見公募などを経て、新年度の条例化を目指す。  太陽光発 …

太陽光発電の買取価格は事業用を21円に、風力発電は3年後に19円へ

  2016/12/13

日本の再生可能エネルギーの導入量を左右する固定価格買取制度が2017年度から大幅に変わるため、それに伴って買取価格の決定方法も見直した。事業用の太陽光発電に入札制度を導入する一方、そのほかの再生可能エネルギーの買取価格は3年分をまとめて設定する。政府の委員会が2017年度に認定を受ける発電設備の買取価格案を12月14日にとりまとめた。 【その他の画像】  これまでの導入量が圧倒的に多い出力10kW …

住宅関連税制あれこれ 住宅ローンがなくても受けられる優遇税制とは

  2016/12/03

親と介護のために同居。高齢化社会を迎える現在、他人事ではない。住宅ローンを組まない増改築でも、税制優遇される制度がある。住宅特定改修特別税額控除という。 住宅特定改修特別税額控除の3種を解説する。要件を満たせば改修工事等の標準的な費用の額の10%相当額を所得税額から控除できる。ただし改修工事等の標準的な費用の額は補助金控除後の金額が50万円を超えることが要件とされている。順次チェックしてみよう。 …