太陽光発電ニュース

太陽光発電に関するニュースサイト

「 設置 」 一覧

豊田通商など、太陽光由来水素をFCフォークリフトで活用…トヨタ自動車九州で事業開始

  2017/03/21

豊田通商、福岡県、トヨタ自動車九州、九電テクノシステムズの4者は3月21日、太陽光発電で製造したCO2フリー水素を燃料電池(FC)フォークリフトで活用する事業を開始した。 [関連写真] 4者は、2016年6月に経済産業省の「平成28年度地産地消型再生可能エネルギー面的利用等推進事業費補助金(エネルギーシステムモデル構築事業)」に採択されたことを受け、トヨタ自動車九州宮田工場内に低炭素な水素サプライ …

太陽光発電普及働きかけ 京都・宇治の団体

  2017/03/19

京都府宇治市の住民や企業・団体でつくる市地球温暖化対策推進パートナーシップ会議「eco(エコ)ット宇治」は、市内に太陽光発電設備を増やす取り組み「おひさまプロジェクト」を立ち上げた。メンバーは市内の保育所や幼稚園に設置を働き掛けるなど、再生可能エネルギーの普及に力を入れていく。  ecoット宇治はエネルギー問題を巡っては省エネを中心に活動してきたが、温室効果ガスの排出を減らすには再生可能エネルギー …

アスクル物流センターの火災に見る、太陽光発電システムの消火困難

  2017/03/18

鎮火まで丸12日間もかかったアスクル物流センターの火災。同社の首都圏における中核施設だったため、流通業界に衝撃が走った。消火まで長時間を要した一因として、屋上に設置されていたソーラーパネルによる、感電の恐れが指摘されている。  2月16日に出火し、28日にようやく鎮火したアスクル物流センターの火災。「翌日配達」をうたう同社のサービスにも大きな影響を与えたが、一部の報道において「屋上に設置されたソー …

オムロン、世界最小クラスで発電出力をアップした太陽光発電ハイブリッド蓄電システム

  2017/03/16

オムロンは、世界最小最軽量クラスを実現した戸建住宅向けハイブリッド蓄電システム「KP55S」(蓄電池容量:6.5kWh、パワコン容量:5.5kW)を4月に発売する。価格はオープンプライス。 【この記事に関する別の画像を見る】  蓄電池ユニットについては、2015年夏に発売した世界最小最軽量クラスの従来機種「KP48S」シリーズより、薄さ30%、体積比20%ダウンし、さらにコンパクトに。施工方法はパ …

電気自動車、いよいよ本格普及の気配!? 家に必要な機器&コストは?

  2017/03/15

先日、電気自動車(EV)のベンチャー「テスラ・モーターズ」が、パナソニックと共同出資した新電池工場「ギガファクトリー」の開所式を行いました。これにより、2017年に発売予定のテスラの新型セダン「モデル3」の価格が従来モデルの半額以下に抑えられるそう。これまでは割高感のあった電気自動車のコストダウン化で、今後は普及が促進されるかもしれません。そこで、これからEVを購入する際に知っておきたい“戸建てに …

JR浦和駅が県内初の「エコステ」モデルに 小学生ら柱に植樹

  2017/03/12

JR東日本がさまざまな環境保全技術を駅に導入する取り組み「エコステ」でJR浦和駅が県内初のモデル駅となり、12日にオープニングセレモニーが開催された。大宮鉄道少年団の小学4~6年生ら約20人が参加し、駅東口の柱に1年を通じて葉をつけている常緑性のヒューケラなどを植樹。JR東日本大宮支社によると、エコステの取り組みで年間約40%の二酸化炭素削減が期待できるという。  エコステはエコステーションの略称 …

玄関脇に置ける小型蓄電池、京セラが新開発

  2017/03/10

京セラは、国内住宅用定置型リチウムイオン蓄電システムの新製品として、業界最小・最軽量クラス(同社調べ)をうたう3.2kWh(キロワット時)の蓄電システム「EGS-LM0320」を2017年4月から発売すると発表した。希望小売価格は税別150万円。新製品は、同容量としては小型軽量であることから、設置性や施工性が向上し、戸建住宅のほか、これまで設置が難しかった集合住宅、さらに屋内にも設置可能だ。また、 …

NTNの新機軸、小さな風と水路を生かせる発電機

  2017/03/08

NTNは「スマートエネルギーWeek 2017」(2017年3月1~3日、東京ビッグサイト)内の「WIND EXPO 2017」に出展し、小水力発電機や開発中の小形風力発電機などを参考出展した。小形発電機器の需要拡大を見込み、新規事業として取り組んでいるエネルギー事業の柱としていく考えだ。 【その他の画像】  小水力発電機「NTNマイクロ水車」はプロペラ式で、農業・工業用水路に設置しやすいのが特徴 …

「米と発電の二毛作」が進化、太陽光パネルの両面発電にも挑む

  2017/03/07

三瀬村(みつせむら)は佐賀県の北部にある山に囲まれた農村だ。人口は1300人で、2005年に佐賀市の一部になった。稲作と養鶏が盛んな地域だが、平地が少ないことから棚田で米作りに取り組んでいる。農家の収入を太陽光発電で増やす「米と発電の二毛作」がNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の実証事業として2015年に始まった。提案者の福永博建築研究所が実証事業を担当する。  三瀬村の農家が所有する …

住宅太陽光の創蓄連携を後押し、自家消費ニーズに応える新製品

  2017/02/22

パナソニックエコソリューションズ社は、太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電システムを連携させ、停電時も電力を安定供給する住宅用創蓄連携システムの新製品「パワーステーションS」の受注を、2017年4月5日から開始する。  新製品の外形寸法はは549×776×195mm(ミリメートル)、質量は39.5kg(キログラム)と、従来比約3分の1に小型化し、省施工化を図ったのが特徴だ。価格は税別65万円。容 …